大腸癌の自覚症状をチェックして初期に発見

大腸癌の気になる初期症状は?

 


 

今、若い人でも大腸癌が急増しています。

 

 

昔は70代・80代の高齢者が大腸癌に一番かかりやすい年齢

 

でしたが、現代では20代・30代・40代の若い人でも

 

大腸癌になる可能性があります。

 

 

しかし、大腸癌は初期の段階でしっかり治療していけば治る病気です。

 

 

このサイトは大腸癌の初期症状を中心に、大腸癌を早期発見予防していくサイトです。

大腸癌の初期症状をチェックしよう!

 

大腸癌は初期症状がいくつかあります。

 

 

大腸癌に多い自覚症状を以下に記載しますので、

 

該当の項目が多い場合は検査を急ぎましょう。

 

 

下痢と便秘を繰り返す

大腸癌の人は下痢と便秘を繰り返すのも特徴です。

 

大腸に腫瘍ができると、便の通りが悪くなるため便秘になり、

 

身体が便を出そうとしますから、今度は一気にうんちを押し出す形となり

 

便秘と下痢を交互に繰り返します。

 

血便

血便は大腸癌の初期症状の代表的な症状です。

 

ただ、「痔」と間違いやすい症状でもあります。

 

痔だと思っていた人が実は大腸癌だった、というケースも少なくありません。

 

大腸癌と痔を見分けるとしたら、大腸癌の血便は便と混じり黒っぽいうんちになり、

 

痔であれば鮮血であることが多いです。

 

下血

 

下血も「痔」と勘違いして大腸癌を放置してしまう初期症状のうちの一つです。

 

大腸癌患者の情報では、痔はトイレットペーパーに血が付着する程度、

 

大腸癌だと便器にドロっとした血がつくようです。

 

 

体重減少

 

癌自体が大量の栄養素を奪うので、体重が減っていきます。

 

いつも通りの食事量で運動もたくさんしていない、ダイエットしているワケでもないのに

 

体重がどんどん減っていくのはかなり注意です。

 

 

大腸癌が理由で体重が減るのはかなり進行した場合に見られます。

 

 

貧血

 

癌が大きくなってくると、消化器官から少しずつ出血するため

 

貧血になることも。めまいやふらつきを訴える人も少なくありません。

 

 

大腸癌で急激な出血は少ないものの、貧血の自覚症状には注意が必要です。

 

お腹が張る

 

お腹が張るのも初期症状の一つですね。

 

ガスがいつもたまっているような感覚だったり、

 

排便したのにお腹が張っているのは普通の状態ではありません。

 

おならがたくさん出る・腐敗臭

 

おならがたくさん出たり、極端におならが出なくなります。

 

また、おならの臭いが突然くさくなった時の注意が必要。

 

食べている物に特に変わりはないのに突然腐敗臭がしてきた…

 

という人もいます。

 

便が細い

 

便がとても細くなるのもこの病気の特徴です。

 

細さの判断は小指や鉛筆ぐらいの細さです。ここまで便が細いと

 

大腸にあるポリープが大腸を狭窄しているため、便が細くなります。

 

 

腹痛がひんぱん

 

大腸癌だと排便前に痛むのが特徴的です。

 

 

左下腹部が痛くなるケースが多いようです。

 

排便時にすっきり出きらない

 

数か月ずっと残便感があるのは注意。

 

うんちがしたくてトイレにはいくものの、少量しか出ない、

 

なんかすっきりしない、という症状も要注意となります。

女性の癌死亡原因トップは「大腸癌」です!

日本の癌患者の数は年間100万人近くにのぼります。

 

 

その中でも多い癌の種類は胃がんと肺がんでした。

 

 

しかし、国立がん研究センターの統計発表では、

 

2015年ついに大腸癌が胃がんと肺がんを抜いてトップになりました。

 

 

特に、女性の癌で一番死亡原因が多いのが大腸癌です。

 

 

女性の癌というと、乳がんが一番多いイメージなんですが、

 

実は大腸癌がトップなのです。

 

 

女性は特に「恥ずかしい」と理由で病院を受診するのが遅れがち。

 

そのため、癌が進行していた、というケースも珍しくありません。

大腸癌は早期発見で治癒します。

 

大腸癌と聞くととても恐ろしいイメージがありますが、

 

初期の段階で発見し、適切な治療さえすれば怖くない病気です。

 

 

しかし初期症状が現れにくかったり、恥ずかしいという理由で

 

病院を受診せず、癌の症状が重症化してしまい、取り返しのつかない例もあるのです。

 

 

特に家族や親せきに大腸癌の病歴がある人、お腹が元々弱い人(便秘・下痢)、

 

お酒をたくさん飲む、たばこを吸う人は大腸癌のリスクが高いので注意してください。

 

 

自覚症状があったり、大腸癌の初期症状のある人は

 

まずは自宅でいつでも検査可能な検査キットを使うことをおすすめします。

 

 

癌家系の人は一年に一回ごとなど定期的にチェックするのもおすすめです。

 

 

仕事を休まなくて済む、育児中の忙しいあなたもいつでもできる自宅で大腸癌検査。

 

自分の身体は自分で守ることが重要なのです。