大腸癌は再発転移しやすいの?!

大腸がんが再発したらどんな治療方法になるの?

 

大腸癌が再発する臓器として多い場所は肺と肝臓です。

 

 

今回は、もし大腸癌が再発したらどのような治療法を

 

行うかを中心にご紹介していきます。

 

 

再発した時の治療法|手術

原則として、大腸癌が再発転移した場合はまずは手術をし

 

癌を切除できないかどうか検討します。

 

 

再発の際の手術を行う判断基準ですが、

 

 

■患者の体力

 

■術後の身体の機能

 

■再発手術を行い、癌の切除が可能かどうか

 

これらの条件をクリアできるかを総合的に判断し、手術を行うかどうか決定していきます。

 

 

手術ができないと判断された時は

 

化学療法を行います。

再発した時の治療法|化学療法

大腸癌の化学療法についてはいくつかの種類の抗がん剤を

 

組み合わせて使われるのが主流です。

 

 

大腸癌の化学療法の主流となる薬剤は

 

5フルオロウラシル(5-FU:ファイブエフユー)です。

 

 

5-FUの投与方法には、

 

 

長時間投与:点滴、急速静注

 

内服

 

があります。

 

 

例として、5-FUの注射薬は、ロイコボリンという薬剤とともに使用され、

 

イリノテカン、オキサリプラチンと組み合わせて使われるのが一般的です。

 

化学療法の目的

 

化学療法のみで癌を治すことはできません。

 

 

しかし、化学療法により癌細胞を縮小させて生存期間を延ばすことが期待できます。

 

 

副作用が出やすいオキサリプラチンやイリノテカンを使う強めの治療法と

 

これらを使用しない弱めの治療法とがあります。

 

 

患者さんの身体の状況や癌の状態を考慮し決定していきます。

関連ページ

大腸がんの再発率は?
大腸がんは再発しやすいのでしょうか?またステージごとの再発率はどのぐらいなのでしょうか?今回は患者数が急増している大腸がんの再発率について詳しくお伝えします。
大腸がん|再発部位で多いところ
癌で不安なのが再発。でも、大腸癌で再発しやすい身体の場所はどこなんでしょうか?好発部位を知っていれば、注意しておくことができますね。
大腸がんの再発予防にはどんな食事を心がけるべき?
大腸癌を再発させないためにはどんな食事にすればいいのでしょうか?再発転移予防に効果的な食材や食事方法をご紹介していきます。