早期発見が大腸癌から救われる!検査しよう

大腸がんの再発率は?

 

大腸がんは初期にさえ発見すればほぼ100%で治癒できる癌です。

 

 

しかし、初期の頃は特に自覚症状がなく、

 

いつの間にか癌が進行してしまいます。

 

 

また、再発率もステージが進むごとに高くなっていきます。

 

 

今回は大腸がんのステージごとの再発率を主に見ていきましょう。

ステージごとに再発率が違う!

大腸がんの再発率はステージごとに変わります。

 

ステージ 再発率
ステージT 3.7%
ステージU 12.5%
ステージVa 24.1%
ステージVb 40.8%

 

このように、ステージが進行するほど、再発率は高くなります。

 

 

ステージTだとほぼ再発率の心配はいらない、ということになりますね。

大腸がんが再発しやすい場所は?

大腸がんが再発しやすい場所はどこでしょうか?

 

 

一番多いのが肝臓で次に肺です。

 

 

肝臓は大腸からの血液が流れ込む臓器なので

 

再発転移しやすいと考えられています。

 

 

また、次に再発転移しやすいのは肺で、同じ大腸内でも

 

再発はしやすいです。

 

 

血液の流れに乗って脳や骨に転移することもあります。

でもどうして再発するの?

どうして大腸がんは再発してしまうのでしょうか?

 

 

最初に癌を発見した時、

 

悪性腫瘍の切除手術を行います。

 

 

その時に取りきれなかった微小ながん細胞が

 

のちに大きくなり再発になります。

 

 

再発とはこういった仕組みをいいます。

とにかく初期に発見を!

癌で怖いのがやはり再発と転移ですね。

 

 

再発を繰り返すと身体にも負担がかかり抵抗力が落ちます。

 

 

するともっとがん細胞の好きな身体になっていきますから、

 

やはり再発率のうんと低いステージTの段階で発見・治療するべきです。

 

 

そして医師が声を大にして言ってるのが

 

「大腸がんの検査を!」です。

 

 

何しろ大腸がんの初期の頃は症状が出にくいので、

 

患者さん本人の知らない間に癌が進行してしまうのです。

 

 

それを防いで初期に発見、治癒するためには

 

検査 これが一番の予防方法なのです。

関連ページ

大腸がんが再発したらどんな治療方法になるの?
大腸癌は肺や肝臓に再発しやすい癌です。ではもし再発してしまったらどのような治療を行うのでしょうか?
大腸がん|再発部位で多いところ
癌で不安なのが再発。でも、大腸癌で再発しやすい身体の場所はどこなんでしょうか?好発部位を知っていれば、注意しておくことができますね。
大腸がんの再発予防にはどんな食事を心がけるべき?
大腸癌を再発させないためにはどんな食事にすればいいのでしょうか?再発転移予防に効果的な食材や食事方法をご紹介していきます。