大腸癌は身体のどこに再発しやすい?

大腸がん|再発部位で多いところ

 

まず、どうして癌が再発するかというと、

 

大腸がんでいいますとはじめの癌切除の時に

 

取りきれなかった小さな癌細胞がまた大きくなることをいいます。

 

 

また、大腸がんでは再発や転移しやすい臓器というのもあります。

 

 

医師の治療方針に従うことになりますが、

 

再発転移しやすい臓器を知っておくことも重要です。

 

 

最初の手術後、どこかおかしいと思えば一日でも早く対応することができます。

大腸癌の場所別再発率

大腸癌の再発は再発しやすい臓器がわかっています。

 

 

今回は直腸がんと結腸がんの再発にしぼってご紹介します。

 

 

【再発部位】

 

肝臓・・・直腸がん→7.3%
結腸がん→7.0%

 

 

肺・・・直腸がん→7.5%
結腸がん→3.5%

 

大腸・・・直腸がん→8.8%
     結腸がん→1.8%

 

 

大腸をつなげたところ・・・直腸がん→0.8%
結腸がん→0.3%

 

その他・・・直腸がん→4.2%
      結腸がん→3.6%

大腸がんが再発する割合は?

大腸がんの再発する割合は統計で出ています。

 

 

ステージT・・癌細胞が筋肉層にとどまっている

 

→再発率3.7%

 

 

ステージU・・癌細胞が筋肉層を超えて周囲にひろがっている

 

→再発率12.5%

 

 

ステージVa・・癌細胞が3個以下のリンパ節にひろがっている

 

→再発率24.1%

 

 

ステージVb・・癌細胞が4個以上のリンパ節にひろがっている

 

→再発率40.8%

 

このように、大腸がんが進行するにつれ、再発率も高くなってしまうんですね。

やはり早期発見が命を救う!

 

再発場所や再発の確率を見ていくと、

 

大腸がんのステージが進むにつれて

 

再発率が高くなっていきますね・・・

 

 

こういった面でも、大腸がんは早期発見が良いにこしたことがないですし、

 

初期に発見することが重要になります。

 

 

そのためにはやはり、検査を一年に一回は受けて

 

自分の身体に異常がないかどうかチェックしていくのが

 

大切なんですね。

 

関連ページ

大腸がんが再発したらどんな治療方法になるの?
大腸癌は肺や肝臓に再発しやすい癌です。ではもし再発してしまったらどのような治療を行うのでしょうか?
大腸がんの再発率は?
大腸がんは再発しやすいのでしょうか?またステージごとの再発率はどのぐらいなのでしょうか?今回は患者数が急増している大腸がんの再発率について詳しくお伝えします。
大腸がんの再発予防にはどんな食事を心がけるべき?
大腸癌を再発させないためにはどんな食事にすればいいのでしょうか?再発転移予防に効果的な食材や食事方法をご紹介していきます。