2cmの大腸ポリープは内視鏡手術だけで治る?

大腸がん2センチの悪性腫瘍だったらどんな治療になる?

大腸に悪性腫瘍!

 

と聞くと、絶望的になって、命の危険性さえ感じるかもしれません。

 

 

しかし、悪性腫瘍と一言で言っても本当に

 

危険度はそれぞれで、一概に大丈夫、大丈夫じゃない、

 

とは言えないんですね。

 

 

特に大腸内にできた腫瘍の大きさが2cm、この大きさというのは

 

予後に関係してくる大事な目安になるようです。

腫瘍が2cmなら内視鏡の切除だけで完治の場合も!

自分の大腸に腫瘍があります、と言われたら

 

癌なのではないか、もう助からないのではないかと

 

ちょっとしたパニックになってしまう方も少なくありません。

 

 

しかし、その腫瘍がたとえ悪性であってもポリープ内に限局していて

 

なおかつ2cm以内であれば、内視鏡の切除手術のみで

 

完治してしまうことさえあります。

 

 

内視鏡の切除手術だったら、身体を切らずに

 

肛門から小型カメラを入れ疳子で悪性腫瘍をつかまえて

 

切除するだけですから、患者さん側も身体の負担がほとんどかからずに

 

終了するので拍子抜けするぐらい楽な手術となるでしょう。

 

 

それだけ、2cmという腫瘍の大きさは大腸がんについては

 

初期症状といえる状態なんですね。

大腸がんの初期ステージは生存率が高い!?

もしあなたが悪性腫瘍が見つかって

 

その大きさが2cm以内であれば特にラッキーです。

 

 

もっと大腸がんが進行してしまえば、取り返しのつかない

 

ことになってしまったかもしれないからです。

 

 

そういった意味で約2cmのポリープの大きさで

 

発見されたのであればとてもラッキーということになります。

 

 

大腸がんがもっと進行する前に発見し治療できるということだからです。

 

 

悪性腫瘍であっても腫瘍がポリープ内にとどまり、

 

内視鏡切除手術で済むぐらいであれば、大腸がんのステージでいえば

 

ステージ0かTの状態かと推測されます。

 

 

大腸がんのステージ0やTであれば5年生存率は95%ほど。

 

 

ほとんどの方が助かるという怖くない状態です。

 

 

ほぼ完治できる状態で見つかったのですから、しっかり治療して完治してしまいましょう。

関連ページ

大腸がんの最新治療法ってどんな方法なの?
大腸がんの最新治療法はどこで受けられるの?
大腸がんの最先端医療を知りたい!
大腸がんの術式について知りたい!
大腸がんだと発覚したらどんな手術方法があるのでしょうか?すぐに人工肛門になってしまうんでしょうか?今回は悪性腫瘍の切除手術でも、人工肛門になる場合とならない場合を例として紹介します。