便潜血検査はどうやって便をとるの?

大腸がんの検診検便はどんなやり方なの?

 

大腸癌の検診の種類にはいくつかあり、

 

そのうちの一つが便潜血検査になります。

 

 

いわゆる検便ですが、

 

大腸がんの検便はどんなやり方で検査するのでしょうか?

大腸がんの検便方法詳細

まず、便潜血検査は、検査キッドの採取棒に

 

便をこすりつけて採取します。

 

 

便潜血検査には一日法と二日法があります。

 

 

大腸がんの検便の目的は大腸からの出血がないかどうかを

 

検便で検査するんですね。

 

 

すると、大腸からもし出血があったとしても、

 

毎回出血があるわけではないのです。

 

 

そのため、二日法でさらに精度を上げています。

便潜血検査で陽性反応だったら…?

便潜血検査で陽性反応だったら驚いてしまいますね…

 

 

しかし、100%大腸がんだということもないのです。

 

 

便潜血検査は、ありとあらゆる出血に陽性反応を示します。

 

 

痔でも陽性、大腸ポリープでも陽性、

 

胃からの出血でも陽性、大腸がん以外の大腸からの出血でも陽性・・・

 

 

こういったケースもあるんですね。

 

 

なので便潜血検査で陽性=大腸がん とは思い込むのはまだ早いんですね。

じゃあどうして便潜血検査をするの?

そんなにどの出血でも陽性反応が出るなら、

 

どうして大腸がんの検便を行うのでしょうか?

 

 

それは大腸がんは初期症状がほとんどないから です。

 

 

大腸がんは日本人女性の死亡率No1になるほどの怖い癌です。

 

 

しかし、それは本人が気づかないで進行してしまうから。

 

 

初期症状がないだけに、自覚しにくいんですね。

 

 

だから、便潜血検査を行い、大腸がんの可能性がないかどうか、

 

第一関門の検査方法になるのです。

 

 

もし、検査で陽性反応が出た場合は大腸内視鏡検査や

 

腸直触などの精密検査に進みます。

 

 

大腸がんの心配のし過ぎもよくありませんが、

 

便潜血検査で大腸がんの初期症状を発見することもできます。

 

 

初期であれば、100%に近い確率で大腸がんは治癒できますから、

 

一年に一回、自分の身体のお守り代わりとして

 

検便をするといいですね。

 

 

今では自宅にいながらいつでも検便できますよ♪

関連ページ

大腸がんの検便検査はどのぐらい正確なの?
大腸がんの検便である「便潜血検査」。この検査方法はどのぐらいの確率で大腸がんだとわかるのでしょうか?陽性でも大腸がんではないこともあるのでしょうか?
大腸がんの検便は病院にいかないといけないの?自宅ではできない?
身体のことは気になるけれど、忙しくって病院に検査にいけない!大腸がんの検査って病院にいくしかないの?!自宅ではできないの?いいえ、自宅で24時間検査が可能なんです。
大腸がんの検診、検便で生理中でもできるの?
大腸がんの検便では生理中でも検査は可能なんでしょうか?便潜血検査は便に出血があるかどうかで判断しています。大腸内の出血があるかどうかなので、血液が大便に含まれるかどうかを検査します。