若者が大腸がんにならないための方法とは?

大腸がんを20代で発症しないための予防する方法とは?

大腸がんは今まで50代以降が発症ピークでした。

 

 

それが現代では若い世代にも増えてきていて、

 

20代、30代でも大腸がんになる人がじわじわ増えています。

 

 

では、20代が大腸がんを予防する方法や、

 

どんな条件の人が注意したらいいのでしょうか?

 

⇒20代大腸がん急増中?!注意するべき人は?!

20代の大腸がん予防法

大腸がんは今まで日本人では少ない癌だったのですが、

 

近頃は食事が欧米化してきて、

 

20代でも大腸がんになる人が出てきています。

 

 

20代で大腸がんにならない予防策は?

 

 

食事に注意する

 

大腸がんを患う最大原因は

 

「食事内容」だと考えられています。

 

 

肉ばかり食べている、野菜が少ない、というのは

 

大腸がんまっしぐら。

 

 

野菜を毎食たっぷり食べて食物繊維で

 

自然と大腸内をお掃除してくれます。

 

 

外食が多い人は、サラダをプラスして、

 

積極的にお野菜を食べましょう。

 

 

お酒・たばこを見直す

 

お酒・たばこの習慣がある人は、

 

お酒を飲まない人、非喫煙者に比べて

 

大腸がんになる確率がなんと3.0倍。

 

 

普通の人より3倍も大腸がんになる可能性が高くなってしまうんですね。

 

 

お酒の好きな人は量をほどほどに、一週間のうちに数日は

 

お酒を飲まない日を作るなど意識しましょう。

 

 

そしてタバコは・・・やっぱり禁煙ですね!

 

一年に一回自分で検査する

 

大腸がんにならないための最大の予防策は

 

「一年に一回の検査」これにつきます。

 

 

医者も、「もっと検査して!」と声を大にしてアナウンスしています。

 

 

大腸がんは初期に発見できれば完治できる癌なんです。

 

 

しかし、初期症状が少ないので、いつの間にか進行がんに

 

なってしまうんですね。

 

 

それを予防するのが便潜血検査になります。

 

 

>>自宅で今すぐ検査する!

20代だけど大腸がんを気をつけたほうがいい人は?

大腸ポリープがあった人

 

大腸ポリープが今まで一度でもあった人は

 

大腸がんのリスクが高くなります。

 

 

すべてのポリープではありませんが、

 

一部のポリープは良性であっても悪性腫瘍の移行すると

 

言われています。

 

 

一度ポリープができた人は大腸にポリープが

 

またできやすい人です。

 

 

家族・親類に大腸がん患者がいる人

 

大腸がんは遺伝性もあります。

 

 

家族で大腸がんになったことがある人、

 

3親等以内で2人以上大腸がんになっている人がいたら

 

注意が必要です。

 

 

条件に当てはまる人は自分から一年に一回検査して

 

自分を守るべきです。

 

便秘気味な人

 

特に女性ですが、食が細かったり、いつもダイエットしていて

 

便秘気味な人がいます。

 

 

便秘になると便が大腸に長くとどまります。

 

 

その分悪玉菌が長い時間腸内にいることになるので

 

その分大腸内も環境が悪くなり、

 

大腸がんになりやすい状態になります。

関連ページ

大腸癌は20代でもなるの?確率はどのぐらい??
大腸癌は40代から患者数が増えていきます。最も大腸癌にかかりやすい年代が60代と70代。しかしわずかではありますが、20代でも大腸癌になる人はいます。どのぐらいの確率なんでしょうか?
大腸がんは10代20代の若者でもなるの?
大腸がんは40代から増えはじめ、60代、70代が一番かかりやすいガンです。では10代20代の若者は大腸がんにはならないのでしょうか?
大腸癌は20代で発症するのは遺伝なの?
20代で大腸癌になる確率はどのぐらい?
20代で大腸癌になる確率はどのぐらいあるんでしょうか?今は2人に1人が癌になる時代。どの癌も低年齢化しています。若い20代でも大腸癌には注意が必要です。