大腸癌にならないお酒の量はどのぐらい?

大腸癌と飲酒の関連性はあるの?|お酒の適量とはどのぐらい?

 

 

アルコールと大腸癌の関連性はあるんでしょうか?

 

 

今回は国立の研究機関の結果をもとに、

 

飲酒がどれぐらい大腸癌に影響するかを調べました。

 

 

・・・やはり、過度な飲酒は大腸癌リスクを高めるようです。

大腸癌のリスクが高くならないお酒の適量とは?

種類 適量
ビール 大びん一本(633ml)
日本酒 1合(180ml)
焼酎25度 120ml
ワイン グラス2杯(200ml)
ウィスキー ダブル1杯(60ml)

 

わかりやすいように、大腸癌のリスクが高くならない

 

適量の飲酒量をお酒の種類ごとにまとめました。

 

 

いかがですか?

 

 

お酒が好きな方はドキっ!とされたのではないでしょうか・・・

 

 

国立の研究センターである国立がん研究センターが

 

お酒と大腸癌リスクの関連性を、20万人規模で約13年追跡調査しました。

 

(結構大規模な調査ですよね・・・)

 

 

すると、大腸癌のリスクが高まるお酒の量がある程度わかってきました。

 

 

その量は一日あたり23g、お酒の種類ごとにわけると上記の表の飲酒量が

 

大腸癌を増加させない量だったのです。

 

 

お酒を飲み過ぎるとどうなる?

 

国立がん研究センターの調査結果によると、

 

日本人では飲酒の量により大腸癌のリスクが確実に高くなるという

 

結果が出ました。

 

 

飲酒量が多ければ多いほど大腸癌のリスクは高まります。

 

 

まず、男性の場合ですが、

 

男性のアルコールの摂取量を

 

23-45.9g/日・46-68.9g/日・69-91.9g/日・92g/日以上でグループ分けすると

 

順番に、1.4倍、2.0倍、2.2倍、3.0倍と大腸癌のリスクが高まっていきます。

 

 

次に女性の場合ですが、

 

女性のアルコール摂取量を23g/日飲酒する女性とまったく飲まない女性とを

 

比較すると、大腸癌で1.6倍、結腸がんリスクは1.7倍、直腸がんリスクは2.4倍となりました。

お酒の飲み過ぎの人は検査をこまめにやろう!

 

お酒を飲む方だと、大腸癌リスクが高くならない

 

適量を見たら「え!これだけ・・・?」なんて思ってしまうかもしれませんね。。

 

 

しかし、大腸癌は、胃がん・肺がんを抜いて癌罹患率No1になりました。

 

 

国立がん研究センターの調査結果によると、欧米人に比べて

 

日本人のほうがお酒がより大腸癌リスクを高めるという結果を出しています。

 

 

やはり、過度の飲酒は控えるべきなんですね。。

 

 

そうはいっても、付き合いもあるし、ついつい。。

 

なんていう方は定期的に自宅で大腸癌チェックをしましょう。

 

 

自宅であれば、24時間いつでも検査できるんですよ!

 

 

大腸癌は初期に発見してしまえば怖くない癌です。

 

 

定期的に検査して健康を守りましょうね♪

 

関連ページ

大腸癌は一日4杯のコーヒーで防げる?
コーヒーを一日四杯以上飲む人はコーヒーを飲まない人より大腸癌になるリスクが低くなることがわかりました。特に女性に予防効果があるようです。
ヨーグルトは大腸癌リスクをかえって高める?!
大腸癌予防にヨーグルトがいいってよく聞くけど本当?ヨーグルト大腸癌の関係性には諸説あります。予防方法の仕組みと、リスクが高まる食べ方、色んな視点で見ていきましょう。
大腸癌とたばこ|タバコを吸うと大腸癌になりやすい?
大腸癌と食事には大きな関係があることがわかっていますが、たばこを吸うことで大腸癌の発症リスクが高くなるという調査結果があります。大腸癌を予防するために禁煙しましょう。
大腸癌と喫煙はリスク的にどうなの?
喫煙者は大腸癌になりやすいのでしょうか?この関係性は大規模調査で明らかに喫煙者は大腸癌リスクが高くなるとわかっています。どのぐらいのリスク高になるのか、見ていきましょう。