大腸がんは急になる?!

大腸がんは急に症状が現れる?!

 

大腸がんは急に症状が現れることはあるんでしょうか?

 

 

大腸がんというのはゆっくりと進行するのが

 

特徴の癌です。

 

 

一説にはおおよそ3年かけてがん細胞が大きくなると考えられています。

 

 

また、癌細胞が大きくなるのは個人差があり、

 

 

悪性腫瘍が大きくなった高齢者が多く発症するという統計データがあります。

 

 

では、注意したい大腸がんの急な症状というのは

 

どんなものがあるんでしょうか?

 

急に現れる症状で怖いのは?!

大腸癌の諸症状としては以下の通り。

 

 

■血便

 

■下痢が続く

 

■腰痛

 

■背中が痛い

 

■便秘と下痢を繰り返す

 

■便が極細

 

■排便したのに、すっきりしない

 

 

こういった症状が出る方が多いです。

 

 

また、大腸がんが進行すると、体重がどんどん現象します。

 

 

こういった症状というのは、ある程度がんが進行した状態の時に

 

現れやすいものです。

 

 

大腸がんは基本的に初期ステージの頃は

 

「自覚症状がほとんどない」と考えていいでしょう。

急な症状で慌てないために・・・

大腸の症状が急に現れる、ということは

 

進行がんの可能性が高い、ということをお話しました。

 

 

自覚症状が乏しいのであれば、

 

一体どうやって大腸がんを発見すればいいのでしょう?

 

 

それは

 

 

検査するしかないのです。

 

 

特に40歳以上の方や、普段から

 

便通トラブルを抱えている人は

 

大腸がんのリスクが高いので、一年に一度は検査をして

 

自分の体を守るべきです。

 

 

初期の頃に発見さえしてしまえば、

 

治る癌なのですから・・・

関連ページ

大腸癌を放置するとどうなる?末期症状も知っておこう
初期症状の少ない大腸癌。大腸癌を放置しておくと、どんな症状になっていくんでしょうか?また末期症状ではどんな治療・症状になるのでしょうか。急増している大腸癌。注意しましょう!
大腸癌のセルフチェック方法で早期発見予防しよう!
大腸癌は早期発見でほとんどの人が助かります。初期にさえ発見してしまえば、怖い癌ではないのです。でも、大腸癌で注意しないといけないのは自覚症状が少ないこと。セルフチェックで自分を守りましょう。
大腸がんが手遅れ…どんな状態を指す?
大腸癌は早期発見して治療すれば5年生存率95%以上の生存率の高い癌です。しかし、初期症状が少ないので知らないうちに大腸がんが進行していることも…早期発見で防ごう!
大腸癌と間違いやすい病気を知っておこう
日本人のなりやすい癌No1になった大腸癌。でも、大腸癌は初期症状に乏しく、気づかないまま癌が進行することも。そして他の病気と間違いやすく発見が遅れるのです。
大腸癌は何科を受診したらいいの?
大腸癌は早期発見して治療すれば5年生存率95%以上の生存率の高い癌です。少しでも自覚症状があるなら早めに病院を受診しましょう。でも大腸癌って何科を受診したらいいのでしょうか?
見つかりにくい大腸癌を早期発見する方法は?
大腸癌は早期発見して治療すれば5年生存率95%以上の生存率の高い癌です。しかし、初期症状が少ないので知らないうちに大腸がんが進行していることも…早期発見で防ごう!
大腸がんとポリープの違いって?ポリープは癌になるの?
会社の健康診断などで「ポリープがあります」と言われた方って結構多いのではないでしょうか?そしてポリープがあると言われると「癌かも…」と不安がよぎりますね。今回は大腸がんとポリープの関係性について紹介していきます。
大腸がんのポリープ切除ってどうやるの?
大腸にポリープが見つかった場合どうやって切除するんでしょうか?ポリープは必ず切除しなければならないのでしょうか?今回はポリープの切除方法などを詳しく紹介していきます。
大腸がんができやすい場所を知っておこう
大腸癌は早期発見して治療すれば5年生存率95%以上の生存率の高い癌です。しかし、初期症状が少ないので知らないうちに大腸がんが進行していることも…早期発見で防ごう!
大腸がんの早期癌ってどんな状態を言うの?
大腸癌は早期発見して治療すれば5年生存率95%以上の生存率の高い癌です。しかし、初期症状が少ないので知らないうちに大腸がんが進行していることも…大腸がんの進行度合いを知っておきましょう。
大腸がんはどんなきっかけで気づいた?
大腸がん患者さんはどんなきっかけで癌だと気づいたのでしょうか?今回は患者さんの体験談を元に自覚症状をまとめました。大腸がんは早期発見なら怖くない癌です!